TOP > 一覧

敷金・礼金

はじめて部屋を借りる人に、知っておいて欲しいのが、契約時に不動産屋に納めたお金には、戻ってくるお金と、戻ってこないお金があります。
まず戻ってくるお金には、”敷金”、”保証金”っといった名前のものがあり、関東方面では一般的に敷金と呼び、関西方面では保証金と呼ぶようです。


[”敷金”、”保証金”ってどんな意味?]
どちらも、同じ意味ですけど、このお金を納める目的はもし、家賃の滞納や部屋を引越すときに、修理が必要になったときなど、この”敷金”、”保証金”から差し引いて修理費用がまかなわれます。

大家さんはどんな人が借りてくれるのか不安です。

中には気の荒い人で、部屋を壊す人や、家賃などを滞納する人などがいます。そう言ったときの保険みたいなもので、この”敷金”、”保証金”を納めるのです。

次に、戻ってこないお金の話です。


[”礼金”、”仲介手数料”ってどんな意味?]
戻ってこないお金は、”礼金”、”仲介手数料”と言われているのがあります。

これは、大家さんに対して、「部屋を貸してくれてありがとう」と言った意味があり、このお金は戻ってきません。

戦後間もない頃、日本は焼け野原で住む所さえない状況でした。そんなとき、住む場所を提供してくれる人に対して、感謝の気持ちを表して、お金を包んだことがはじまりと言われています。

この礼金はあくまでも昔からの慣例(習慣)で今も続いています。これだけ住む場所ができた現在は、礼金が0円と言うところが増えてきています。
”仲介手数料”とは借りる人、貸してくれる人の間に、不動産屋が入り、契約がスムーズに成立するように助けてくれる、そのときのお礼で、不動産屋に支払うお金です。

これも法律上は家賃の1ヵ月分と上限は決められているけど、不動産屋によって金額が異なることがあります。

礼金が0円の代わりに、仲介手数料が高めに設定されていたりするようです。



関連記事

アパート・マンションの賃貸借契約の種類

[賃貸契約編]一般媒介

[賃貸契約編]違約金

[賃貸契約編]印鑑証明書