TOP > 一覧

ディンプルキーとは

ディンプルキーとは錠前のシリンダーの種類の中の1つです。鍵といってもキーを回す為の内部構造は様々な種類があります。
その中でも
• ピンシリンダー錠
• ディスクシリンダー錠
に大きく分かれます。正確にはこれ以外にもマグネットやカードを用いた種類などがありますが、現在の主流はこの2つです。
そのなかでも今回ご説明していくディンプルキーはピンシリンダー錠に分類されます。

ピンシリンダー錠とは
上の図はピンシリンダー錠のなかでも一般的なショウワ製のシリンダー構造です。シリンダー内部にピンが6本1列に並んでいるのがわかります。種類にもよりますが、一般的なピンシリンダーにはこのピンが6~7本程度入っています。
構造としては片側がギザギザしたキーを鍵穴から差し込むことでそれぞれのピンが押し上げられシャーラインが揃った状態でキーを回せば鍵が回るというしくみになっています。そしてディンプルキーとはこの構造をより複雑化したシリンダーになります。

ディンプルキーの構造
上の図はゴールのV18というディンプルキーの内部構造とキーのサンプルです。しくみはピンシリンダー錠のようにキーを差し込めば内部のピンが押し上げられる所は同じですが内部のピンの本数が増えています。ピンシリンダーでは1列6本だったのがV18だと3列18本になっています。単純に3倍複雑になっていることになります。ディンプルキーの中でもより精密なシリンダーになるとカバスターネオの5列26本というものまであります。
ディンプルキーが開発される前はピンシリンダー錠が主流でした。ですが、ピッキングという不正開錠が出回ってしまったせいでピンシリンダーは一気に危険なカギになってしまいました。そしてそのピッキングに対抗して開発されたのがこのディンプルキーです。ピッキングというピンシリンダー錠の構造を逆手にとった開錠方法から守るためにあらゆる機能が備わっています。ピンの数だと3倍ですが、これをピッキングで開錠するとなるとピンシリンダー錠の10倍以上の難易度になります。

関連記事

システムキッチンとは

バリアフリー住宅

ペアガラスサッシのホントの実力

マンションとアパートの違いとは