TOP > 一覧

バリアフリー住宅

「バリアフリー住宅」とは、段差を無くし、手すりを付けた廊下など、小さなお子様から高齢者の方々まで「安心・安全・快適」に生活できることを前提とした住まいのことを言います。
最近では、ユニバーサルデザイン(年齢や性別に関係なく、すべての方のために作られたデザイン)の物件も、よく目にするようになってきました。そこで、代表的なバリアフリー設備について、ご紹介致します。

[代表的なバリアフリー設備]
賃貸住宅のバリアフリー設備には、あらかじめ建物に付随する設備と、あとから取付可能な設備があります。
ここでは、建物の間取り(部分)ごとの主な設備をご紹介致します。

[浴室]
動作を補助する手すりを設置。出入り口の段差を解消。浴槽は、またぎやすい40cm以下の高さ。

[トイレ]
体を支える手すりを設置。立ち座りが楽な洋式トイレを設置。

[廊下]
車椅子での生活を考え、廊下幅は78cm以上(柱の部分は75cm以上)を確保。手すりなどを付ける。へこみや傷が付きにくい、強度を高めた床材を使用。

[居室]
敷居の段差を無くす。寝室はトイレに近い場所に設置。

[玄関まわり]
玄関ドアは車椅子が出入りできる幅(75cm以上)を確保。上がり框(かまち)の段差を低くする。

[扉・照明]
ドアは開閉しやすい引き戸か、扉にレバーハンドルを付ける。照明の点灯、消灯がしやすいワイドスイッチを設置。

関連記事

システムキッチンとは

ディンプルキーとは

ペアガラスサッシのホントの実力

マンションとアパートの違いとは