TOP > 一覧

会社はなぜ社宅を用意する?

社宅を導入する目的としては、大きく分けて「福利厚生」と「転勤対応」があります。基本的に、社宅は個人で住宅を借りるよりも安く住めるので、従業員としてはその分だけ可処分所得が増え、勤務先企業に対する満足度の向上につながります。また、充実した福利厚生があることは、人材の採用時にも有利になります。
また、転居を伴う転勤・異動を命じる企業が、従業員の負担を少しでも軽減するために社宅を用意するケースもあります。転居にまつわる手続きの煩雑さや敷金・礼金などの出費は、従業員にとってかなりの負担になります。その一部を企業が肩代わりすることで、離職防止や採用時の競争力向上につなげることができます。

関連記事

社宅とは?

社宅代行サービスとは?