高松市の賃貸不動産・マンションはCLASO.

メニュー
Good Living

ー 新築・築浅物件から始めるイイ暮らし ー

新しい部屋新しい暮らし

ピカピカ キラキラ ワクワク
生まれかわった気分で
まっさらな部屋からスタートする

新しい部屋のいいところ
時代にあったデザインや間取り
暮らしやすい設備

今の気分に合った
部屋が見つかりやすいから
ちょっと背伸びしてみる
新しいこの部屋で
新しいスタートを

新築・築浅物件

新築・築浅物件

Q&A

  • 新築と築浅の違いは何ですか?

    広告表記における「新築物件」とは“約1年未満でまだ誰も住んでいない物件”のことです。約1年未満でも入居歴がある、あるいは未入居でも築1年以上経過した場合は、新築ではなく築浅ということになります。築浅は“築何年まで”といった明確な定義があるわけではなく、築年数が浅い物件という意味合いになります。

  • 新築に住むメリットが知りたいです

    もちろん、外観も内装もきれいで新しく、デザインもおしゃれに設計されている場合が多いです。賃貸物件といっても、分譲並みの仕様や最新の設備が備わっている物件も増えてきています。また築年数がある程度経過している物件だと、すでに入居している住民の人間関係の中に一から入らなければいけません。でも、新築物件では比較的入居時期が近い人が多くなります。新生活が始まったばかり、という人が多いので、もとからあったコミュニティに入るより安心という場合も多いのではないでしょうか。